読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

G:Good Feelin' to Know

 相性ってやつはなかなか侮れない。必要以上に気にすることもないのだろうけど、やっぱり相性のよしあしってあるんだなあと痛感する。そのひとつにタイミングである。
 
 先日辞めた会社の総務部にいる女の子と食事をしてきた。そのきっかけだって、たまたま地元の繁華街を歩いていた時あって、その時に約束したのである。こちらが頑張ってあわせようとしたところで、無理なときは無理である。たまたまそういう機会があって、向こうもいいですよ、という感じになったまでである。
 で、実際話してみて、以前食事をした時よりも話があれこれと広がり、共感することもあったしで悪い雰囲気ではなかった。むしろ、久しぶりに楽しいひとときを過ごすことができた。おそらく、相手はあまり飾らない感じということもあったのだろう。食べ物の嗜好性が近い、笑いのポイントが近いなどは相性においてかなり有効であることを(今更ながらだが)感じた訳で。とにもかくにも、貴重な時間を数時間一緒に過ごす訳だから、楽しくなけりゃあ意味がない。かといって、無理して色々取り繕うとするとボロが出る。となると、はじめから無理せず楽しいひとときを過ごせる相手というのは、得難い存在だし、相性のよさがなせるわざである。あとは身体の・・・となるが、これはまた別のお話である。
 
 ちなみに、その子の最近ブームは深夜に煎り豆腐をつくって、酒の肴にくつろぐことだとか。わかるなあ。だけど、まだ24なのにね。そろそろ、ジャム作りが楽しくなる季節だというのを話して思い出したことも付け加えておく。