読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

Miscellaneous impressions

 6時前にごみを出しに外へでたら、東の空から朝日が見えた。随分と久しぶりにみた。ここのところ、梅雨空で憂鬱な気分になっていたところに、鋭利な刃物のようにグサッと朝日が身体にささった。だけど、ちょっと気分がよくなった。
 
 先日、行きつけの床屋へ散髪に行ってきた。頭髪を洗ってもらった後、床屋のおばさんが僕の前にやってもらってたお客さん(おばさん)は前々から歌を習っていて、今はフラダンスも習っていると話した。さしてその話に興味がなかったので、僕は適当に相づちを打っていた。その時、床屋のおばさんが「(前のお客さんが)フラダンスを習い始めたら、歌が前よりも上手になったって先生に褒められたらしいんだよね。自分でも少し上手になったかなって思ったみたい。やっぱり、フラダンスを習い始めたら、リズムが身体にみについたせいなんだろうね」と話した。話を聞きながら、やっぱり身体を鍛えるのは大切なのかと痛感した。
 
 現在、会社へ出勤して仕事をしている訳ではないので、必ずしも一日の生活にメリハリがつけられている訳ではない。会社へ行っていれば、そこでひとつリズムがつくることができる。しかし今の僕の生活は怠惰に過ごそうと思えば、際限なく過ごすことができる。これではマズい。頭では分かっていても、行動がなかなか伴わない。なんとか、様々な理由付けをしてモチベーションをあげなくてはいけない。そんなこんなをしている時に、床屋のおばさんの話でハッとしたのがひとつ。そして、ここ最近、自分自身の運動不足を痛感した出来事がいくつか起きたのが決定打となって、ようやく重い腰をあげた。そうだ、プールへ行こう。
 
 という訳で、市営の屋内プールへ行ってきた。2時間で510円とそれなりの料金。平日の午前ということもあって、来ている人は年配の男女が多かった。久方ぶりということもあって、僕はまずとにかくひたすら水中で歩くことにした。はじめのうちは、なんとか水になじもうと必死になって歩いていたが、徐々に馴れてきた。ダラダラとしていても仕方がないと思い、メリハリをつけるために休憩を間にとることにした。4、50分ほど歩いてからお湯がはってあるジャグジーで身体を温めた。こうすることで、脂肪の燃焼を促すとのこと(身体の冷えは大敵とのこと)。10分ほどつかったら、またプールに戻って歩きはじめる。これを2時間の間に繰り返した。久しぶりだったということもあって、プールからあがると身体が重い。改めて運動不足を痛感した。でも頭はちょっとスッキリした。おかげで午後昼寝をしてしまった。
 
 リズムをつくることは大切である。文章もリズムがよくないと、内容がよくてもつまらない。リズムは身体がつくりあげる。僕の場合、運動をすると行動に移すまでがホントに大変だった。しかしひとたびやってしまえば、あとは習慣にするまでである。習慣はリズムをつくりだし、生活にメリハリをうむ。そう信じて、無理せずなんとか過ごしていきたい。