読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

一期一曲(9)

The Who "Pictures of Lily"(1967)
f:id:sim_saba:20140808065342j:plain
 
 The Whoのというよりも、若きPete Townshendがつくる曲には、10代の男の子あるあるのようなものが多い。数ある中でも、今回採り上げる"Pictures of Lily"はなかなか秀逸な曲である。
 朝起きても気分悪いし、夜もなかなか寝付けない男の子が、父親にその悩みを訴える。すると父親は、これをあげようと息子に女性のピンナップ写真を渡す。その写真を見ていると、男の子のモヤモヤとした悩みは一時的ではあれ解消される。けれども、その写真をみてモヤモヤは解消されるどころか、すっかりその写真の女性(つまりLily)に恋してしまったことに気付く。Lilyに会いたい気持ちを父親に伝えると、Lilyは1929年にすでに死んでしまっていると語ったというストーリー。わずか2分半あまりでこんなストーリーが展開されているのだから、Peteの才知がよくわかる。
 
 さて、この曲はあろうことか、ロックにおける最初にmasturbationについてうたった曲と言われる。これはPeteの評伝*1を執筆したMark WilkersonがPeteが書いたとして引用している("Merely a ditty about masturbation and the importance of it to a young man.")。まったくそのように解釈できないとまではいいきれないが("Pictures of Lily helped me feel alright"とうたっている)、いささか牽強付会のきらいはある。
 そういえば、この手の話は日本の昔話にある(たとえば、「絵姿女房」)。そういえば、手塚治虫の「るんは風の中」(1979)も"Pictures of Lily"と内容は近しい。C.G.Jungならば、このこととアニマがさせたことと述べるだろう。それが創造的な方向へ行けば、素晴らしい力を発揮する。けれども、アニマ(ここでは"Pictures of Lily")の魔力にはまってしまうと、どこまでも自分を見失ってしまう。この曲で父親の存在というのがとても気になるのだが、いずれにしても、Peteのつくる曲は男性にとって結構考えさせられる。
 ちなみに、アレンジは素晴らしい。John Entwistleの演奏するフレンチホルンがいいアクセントになっている。
 

ザ・シングルズ+10(紙ジャケット仕様)

ザ・シングルズ+10(紙ジャケット仕様)

*1:Amazing Journey: The Life of Pete Townshend,2006