読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

一期一曲(11)

Ned Doheny "If You Should Fall"(1976)
f:id:sim_saba:20050614112506j:plain
 
 夏のはじまりがBreadの"Make It with You"だとしたら、夏のはじまりを勢いづけてくれたのがこちらの曲。2枚目のアルバム"Hard Candy"の2曲目に収録されている。
 Ned Dohenyはカリフォルニアのお坊ちゃんなんだけど、EaglesのGren FreyやDon Henry、Grenと寝食をともにしていたこともあるJackson BrowneやJ.D. Southerなどのミュージシャンに支えられていた。寡作の人だけど、いい曲をたくさんつくっている。日本では本国以上に人気があって、日本のみリリースされた"Prone"(1979)というアルバムも忘れ難い。
 
 初めて聴いてから20年が経つのだが、やっぱりこの曲は夏を体現している曲なんだと思っている。アコースティック・ギターではじまり、エレクトリック・ギターの軽快なカッティング、エレクトリック・ピアノカリフォルニアの風よろしく、爽やかに奏でられている。Ned Dohenyの声は好き嫌いが結構はっきり分かれそうだが、僕は好きである。ちょっと甘くて弱っちいところが夏にぴったりな感じがする。とはいえ、songwritingのセンスはとてもいいんですよ、Nedは。
 

ハード・キャンディ(紙ジャケット仕様)

ハード・キャンディ(紙ジャケット仕様)