読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

一期一曲(27)

The Housemartins "Flag Day"(1986)
f:id:sim_saba:20040417200739j:plain
 
 1980年代の洋楽はそんなに聴いてこなかった。それ程いいとは思わなかったし、何よりも1960年代のエネルギーに満ちあふれた"Rock"がもう見いだせなくなっていたと思っていたからだ。しかしながら、たまたまふと手にしたThe Housemartinsというバンドのデビュー・アルバム"London 0 Hull 4"はよく聴いていた。中でも、3曲目に入っている今回採り上げる曲は秋にぴったりだと思っている。
 
 20歳の秋(正確には9/21)にこのアルバムを今はなき横浜は伊勢佐木町のVirginで購入した。売っていた場所やこのアルバムを見かけた時のことを今でもはっきりと思い出せる。1曲・2曲目のThe Holliesのようなポップで軽快なMersey Beatの後に、ピアノが全面的にフィーチャーされた"Flag Day"はこころに沁みた。今でもこの曲を聴くと、その頃の秋の風景と大学の先輩と群馬は白根山へ行った時のことを思い出す。
 
 歌詞がシニカルではあったけど、メロディーは日本人好みの郷愁を誘うようなせつなさがある。途中から入る奥行きのあるギターの音色は、遠い彼方へと行ってしまったあの時の懐かしい思い出と共鳴しているかのようだ。
 

ロンドン 0 ハル 4

ロンドン 0 ハル 4