読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

写真整理(5)

食い道楽 〜真鶴・足利・宇都宮〜

f:id:sim_saba:20160723114830j:plain
7月下旬、Uさんに誘われて真鶴へ。鈍行列車で4時間
近く揺られて到着。目的はうまい刺身が食べたい!
 
f:id:sim_saba:20160723120959j:plain
お刺身定食を注文したが、これがまた色々と出てくる。鯛を中心
とした刺身の盛り合わせ、自家製いかの塩辛(これがびっくりす
るくらいの美味)、鯵の干物(焼き方と身の柔らかさで気絶寸前)
と鰯の煮物、それに鯛のお吸い物がついて税込2400円。
 
f:id:sim_saba:20160723123514j:plain
お刺身定食に飽き足らず、相模湾へ来たのだからと名物の金目鯛
の煮付けを注文。切り身で出てくるので上品かつ食べやすい。煮
付けの甘塩っぱさと金目鯛のほどよい淡白さが絶妙。口福とはま
さにこのこと。
 
f:id:sim_saba:20160723124926j:plain
そして追い討ちをかけるように、あじ寿司を注文。とても食べや
すく、ひとつ食べたらもうひとつと止まらず食べたくなる。脂も
のっていて、普段どれだけ美味しくない魚を食べていたか痛感。
 
f:id:sim_saba:20160728115757j:plain
7月の終わり、足利で名物のソースカツ丼を食べる。ここのソースカツ丼が他のお店と違うのは、「アマランサス」なるヒユ科ヒユ属の一年草がかつの衣に入っていること。足利のソースカツ丼で使うソースは酸味が強く、豚ヒレ肉のさっぱりとした味とともに、しつこくなく食べやすいのが特徴。ちなみに、右の翡翠色をした麺にも、アマランサスが練りこまれている。
 
f:id:sim_saba:20160728192118j:plain
7月晦日、ステーキハウスへ。国産サーロイン300gを食す。程よく脂が肉に入っていて柔らかく、フォークにささった肉→口→肉→口のピストン運動が止まらず。値段はそれなりにするが、値段以上の満足感が得られる。やっぱり夏は、単純明快でガツッとくるステーキだ。
(続)