読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

思い出すことなど(15)

先日、実家に帰った時、高校の学校誌が雑然と置いてあるのをみつけた。手にとり中身を読んでみると、創立90周年記念でいつもの年よりも少し厚めの仕上がり。各クラスごとにテーマを与えられ論文のようなエッセイのようなものを寄稿してあった。目次を見る…

思い出すことなど(14)

先日、論文のための参考文献として図書館で借りた書籍をぺらぺらめくっていたら、上の写真のように青春18きっぷが出てきた。日付を見ると、どうやら平成22年の夏に購入したようである。購入した駅名が僕の両親が住む町の最寄り駅だった。そしてやっぱり…

思い出すことなど(13)

先日の記事で、人に言えないことという話の延長線で、20代は終りの頃、仕事で知り合った60代の女性を食事に誘ったら、意外や意外O.K.の返事をもらったと書いた。

思い出すことなど(12)

昨日、本を整理しながら、ふとあることを思い出したことがあった。

思い出すことなど(11)

Sugar Babe "SONGS"(1975)

思い出すことなど(10)

高校時代のことを思い出すと、ほとんどいい印象をもっていない。まず悲しく寂しい思い出が浮んでくる。友達があまりいなかったこと(いつもひとりで行動)、失恋、友人の死etc...。男子校ということもあり、思い出はモノクローム(大瀧詠一)である。 そんな…

思い出すことなど(9)

久しぶりに渋谷駅から京王井の頭線に乗った。車両のデザインは相変わらずで、ちょっと懐かしさがこみ上げて来た。京王井の頭線で思い出すことが二つある。ひとつめは、1回目の大学入学間もない頃。新歓コンパに参加するために京王井の頭線渋谷駅へ降り立っ…

思い出すことなど(8)

19歳の頃、あれは冬だっただろうか。サークルの先輩とふたりで鎌倉へ遊びに行った。何故、一緒にいったのだろう。今となっては思い出せない。JR鎌倉駅へ着くなり、先輩と僕は目に飛び込んだものをひたすら俳句にしていたことはよく覚えている。どれだけつく…

思い出すことなど(7)

先日、荷物の整理のため神奈川の家へ行った。今ではマンションが林立し、駐車場が増えてしまい、大変つまらない街になってしまったなあ、と行く度に思う生まれ故郷。今から20年程前には、商店街をふくめて活気があった。そうした中、僕にとって思い出深い…

思い出すことなど(6)

学生の頃、とある先輩と夜な夜な遊んでいた。その先輩は卒業後プラプラしていて、暇で出不精な僕を誘っては色々なところへ連れて行ってくれた。 ちょうど今くらいの時期だっただろうか。夜中に、愛宕山のNHKライブラリー下の愛宕神社に横付けされたラーメン…

思い出すことなど(5)

これまでいろいろと思い出してはつらつらと書いてきたが、なんだか肝心なことをはぐらかして書いているような気がしていた。 19の時に付き合った人は大学で同じ授業を受けていた女の子だった。たまたま隣に座って、こちらが筆記用具を忘れたので借りたのがき…

思い出すことなど(4)

大学に入学して以降、様々なアルバイトをしてきた。前に塾の講師をしていた話を書いたけど、アルバイトの8割にあまりいい思い出がない。こうして書きながら、思い出すと今の仕事の有難さをつくづく感謝したくなる。 とにかく嫌な思い出が多い。まず一番最初…

思い出すことなど(3)

「青春」とはいったい何だろう?その手の本は数多でているけど、その手のものを読んだところで、個人個人によって「青春」の定義は異なる。70代の方が「今が青春なんだよ」と言われれば、同意するしかないんだし、20代前半の人が「私の青春はとっくに終…

思い出すことなど(2)

音の編集は、ひとり集中して対象にむかっていく孤独な仕事である。まわりが見えなくなってきた時に、ふと過去のことを思い出す。プルーストは紅茶にマドレーヌを浸した時、遠い記憶が現前に蘇ってきたが、こちらは仕事の時なのだからまったくもって味気ない。…

思い出すことなど(1)

ふと思い出すことが結構ある。忙しくてそんなこと思い出す暇がないと思っても、思い出す時は思い出すものだ。 最近思い出したのが、学生の頃塾で教えていた中学生2人。ひとりは男の子でとても賢く、こちらが特に教えることがなくて、正直困ってしまった。も…