読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

横浜へ(特段オチはなし)

 昨日、横浜に行って来た。目的は、横浜の神奈川近代文学館所蔵の資料を閲覧するため。実は2週間前にも、神奈川近代文学館へ行って来た。しかし、僕の手違いで目的の資料閲覧は叶わなかった。なので、再度調整をしてお邪魔した次第。
 
 みなとみらい線終点の元町・中華街駅はフォームから出口のひとつアメリカ公園口までは結構高低差がある。電車が到着してから、アメリカ公園口に至るまでおそらく5分位かかるのではないか。そして、果てもなく続くと感じてしまうエスカレーター地獄の先には、よく手入れされた庭園が出迎えてくれる(本来ならば、写真の一枚でも撮影してくればよかったのだが、面倒になったので撮影をしなかった)。坂道を上り、右手の外国人墓地を睥睨しながら歩いて数分、みなとの見える丘公園に到着。バラ園を突っ切って、レンガ造りの大佛次郎記念館を無視していくと、ひっそり佇む神奈川近代文学館に到着。無事目的の資料を閲覧できた。
 閲覧後、人気がほとんどないみなとの見える丘公園で、朝つくってきたおにぎりをほおばる。曇天の横浜はどんな天候でも横浜らしさを失っていなかった。やっぱりいいところだな、と思いつつ、てくてくとアメリカ公園口へ向かった。
 
 帰路の途中、乗り換えの横浜駅西口方面を歩いてみた。色々と変わってはいたが、僕が一時よく通っていた15年以上前の雰囲気をどこか残していた。歩きながら、あー、横浜にきたんだなと改めて実感。もう少しいたかったのだが、疲れていたのと帰りの時間を気にして早々に横浜駅をあとにした。
 
 東京駅からは新幹線に乗車。自由席に乗る。新幹線に乗ると、外の景色をみたり、物思いにふけったりすると、どうしても集中して読めない。やはりある程度の乗車時間というのは、電車で読書するにあたっては必要かもしれぬ。帰りにポケットサイズの時刻表を購入するのを忘れた。来週からしばらく旅の生活なので、時刻表がないと困る。今日購入しに行ってくるつもり。時刻表を読むだけで、こころは現地に向かうのだから、想像力というのは有難い。