読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

巡礼&苦行余録(2)

f:id:sim_saba:20140725153907j:plain
              車窓から眺める瀬戸内海
 
 15時12分発の快速マリンライナー高松行に乗車。岡山駅から約30分余で瀬戸内海が眺められる。

岡山を出発して50分程で高松駅に到着。高松もやっぱり暑かった。高温少雨が瀬戸内海沿岸の特徴なのだろう。宇都宮は夕方前に夕立があり、その後は結構涼しくなるのだが、こちらはそういうこともない。ずっと暑い。脳内では、Stevie Wonderのアルバム"Hotter than July"に収録されている"I Ain't Gonna Stand for It"がパワープレイされている。
 そんな暑い高松を丸亀町商店街方面へひたすら歩く。結構ぐったりしているし、前日の金刀比羅宮丸亀城の影響でふくらはぎと足首が痛いけれども、とにかく歩く。で、某書店でとある書籍を購入。それだけ。おなかがまったく空いていなかったので、ここでも讃岐うどんを食べず。
 帰りに高松駅にあるおキオスクでお土産を購入。それがこちら。
f:id:sim_saba:20140730065106j:plain
結構かわいらしいパッケージ。グミの弾力はなかなかで食べごたえがある。高松の思い出がまさかのオリーブグミ。それでいいんですよ。よくわからないけど。
 
 帰りも快速マリンライナーに乗車。15分程電車に揺られ車窓をながめると瀬戸内海。バイバイ、瀬戸内海。また来られるとは思わなかった。今度いつ来られるだろう?年齢を重ねるごとに、海をみて心和むことが多くなった。その度に老いに向かって行く感じがして、なんだかせつない気持ちになる。でもまた来るよ。
f:id:sim_saba:20140725153858j:plain
               電車からのぞむ岩黒島
 
 岡山駅で乗り換えて、倉敷駅へ。夕方6時になっていた。夕食は商店街入口近くにある寿司と定食を提供するお店へ。
f:id:sim_saba:20140725185157j:plain
入口には大原美術館に所蔵されているエル・グレコの「受胎告知」とちょうちんの向かって右隣には、店主の孫が書いたであろう習字と水彩画(いずれも入選)が貼られていた。お店へ入ると、観光客のような人たちはおらず、地元の人であろう男性がひとりビールを飲んでテレビを観ていた。店主のオッサンは「オッサン」というタイトルの絵画があれば典型になるであろう、360度どこからみてもオッサンだった。僕は海老フライ定食を頼んだ。写真を撮ろうかと思ったけど、なんだかそういう雰囲気ではなく撮れず。すぐに食べてお店を後にした。
 
 ホテルへ戻って風呂へ入ってから洗濯。ベッドに横になりながら、この旅は完全に巡礼&苦行の旅だったなと、痛いふくらはぎをさすりながら思う。夢は何も覚えていない。ここで旅のよき想い出はリセットされてしまった(終り)。