読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

一期一曲(18)

Sex Pistols "No Feelings"(1977)
f:id:sim_saba:20100318165616j:plain
 
 僕にとっては、Punk Movementは線香花火のようなイメージ。ドタバタしながらも、当時の熱気を何とか閉じ込めたのがかれらのデビュー・アルバム"Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols"であろう。その中でも、ストレートなロック(というよりも、僕にはポップに聴こえた)なのが、3曲目の"No Feelings"だ。高校生だった頃、このアルバムを購入した当初はあまりいいとは思わなかった。けれども、何のきっかけがあったのかわからなかったが、このアルバムのソリッドでタイトな音に心惹かれていた。その功績はかれらにというよりも、プロデューサーのChris ThomasとエンジニアのBill Priceによるものだ。
 
 そういえば、この文章を書きながら、ちょっとこのアルバムのことを調べていたら、Sid Viciousのベースは"Bodies"1曲だけなんすね。Chris ThomasがSidの技量に不満を抱いたので、代りにGlen Matlockになるも、ギャラの不払いで揉めて、"Anarchy in the UK"のみがかれの演奏として収録されている。で、結局残りの曲をギターのSteve Jonesが演奏している。結果として、ソリッドな仕上がりになっているのは、ChrisとBillのおかげという訳である。
 
 個人的には、このアルバムの雰囲気とBeatlesの"White Album"の仕上がりは似ていると思っている。試みに、"No Feelings"と"White Album"に収録されているひときわパンキッシュなナンバー"Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey"を聴き比べて欲しい。いわゆるPunkの音というのは、BeatlesにというよりもChrisによって既に用意されていたことがよくわかるだろう。
 

勝手にしやがれ(紙ジャケット仕様)

勝手にしやがれ(紙ジャケット仕様)