読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

Alphabet

Z:zigzagな雑感

直線道路ではなくても、くねくねした道でも、とかく平坦な方が人生はいい。この価値観は人それぞれだろうけど、ジグザクしているような浮き沈みの激しい人生は、とかく疲れる。

Y:よろこぶこと

(九鬼周造「情緒の系図」より) 人の記憶はそれぞれで違うのだろうけど、かなしみの記憶とよろこびの記憶ではどちらがより強く残っているのだろう?

X:Xデー

今日は大石内蔵助以下、赤穂浪士が吉良上野介邸へ討ち入りした日である。つまりXデーである。そういえば、2013年はXデーと呼べる日が何回かあったなあ、と思った。 まずは3月末日。記念特番のO.A.日。前日まで編集をしていて、もうこれでいいやと思って…

W:わかってない/わかってほしい

ひところ、「あなたはわかってない」と言われることがよくあった。言ってくるのは、もっぱら女性しかも親しくしている人からだった。言われた時、こころが重くなったのと同時に、やっぱり人のこころはわかりかねる、という無責任と謗られても仕方ないような…

V:Vagabond

果てなき露地をゆくバガボンド (キリンジ "汗染みは淡いブルース") 就寝中、ぺたんとした布団にくるまりながら思うことがある。つくづく自分は流れ者だなと。

U:うちの猫

りんご(♀:14歳)写真は1年前。だけど見た目は変わらず 以前のブログ記事で、僕は動物が好きではないと書いた。それは今でも変わらない。しかし、実家にいる「りんご」という猫は特別である。

T:Take It Easy

あれこれ考えすぎる傾向がある。不安になるので、それをなんとかして解消しようともがく結果である。昔より今はだいぶ改善されまして…といいたいところだが、実際はあまり変わってない。心配性なのである。たとえば、相手がいる仕事で、こちらがあれこれ催促…

S:Sad Memories

夜、音楽を聴きつつ調べものをしていたら、急に学生の頃の苦々しい出来事の数々を思い出してしまった。これらの思い出には、悲(哀)しみがまとわりついている。なので、数年前にある程度密閉してこころの奥底に封印したつもりだった。しかし、何の前触れも…

R:ラジオと論文と

「頭は低く、志は高く」という言葉がある。誰が言ったのか失念してしまったが、そのモットーを心がけてつくっているものがある。論文とラジオ番組制作だ。いずれも、ひとり親方でなんとかできてしまう。自分自身の心がけと情熱、そして構成力でどうにでもな…

Q:Que sais-je?

「わたしは何を知っているだろうか?」(Que sais-je?)を哲学のモットーとして掲げたミシェル・ド・モンテーニュ。38歳で隠遁生活に入ったというモンテーニュの精神を象徴する言葉でもある。つまり「懐疑」である。モンテーニュの懐疑の精神が、のちのデカ…

P:Peach

これからが桃が美味しく食べられる時期だという。なので、この時期は桃をもらうことがちょこちょこある。

O:お世話になった人

学生時代から社会人にかけてお世話になった方々はそれなりにいる。とりわけ、お世話になったという人がいる。 大学を卒業した翌年。僕は地元の教育委員会に嘱託で文化財調査や編纂事業にかかわる事務などの仕事に従事していた。そのセクションの上司という人…

N:流れに身を任せること

7月24日のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」を見ていたら、薬師丸ひろ子演じる女優鈴鹿ひろ美が、主人公の天野秋の母親(だとは鈴鹿ひろ美は気づいてないと思う)がアイドルになれなかったのを「運がなかったのよ」と酔いに任せて呟いていた。この一言…

M:Most of us are sad

喜びの時は一瞬だけど、悲しい時は長く静かにひきずる。質量化してみれば、おそらく同じ割合なのだろうけど、感じ方はまったく違う。漱石の『草枕』の冒頭は有名だけど、読んでみると、ベースにあるのはロングテールのような長い長い哀しみのような気がする…

L:Love

梅雨入り宣言直後はたいてい晴れるという、個人的な見解があるのだが、今年はどうも空梅雨のようだ。梅雨特有のhazyな雰囲気は好きじゃないが、稲や野菜の生育に影響がでそうで心配である。こりゃあ、男根様と女陰様のエネルギーで雨乞いした方がいいかもし…

K:神奈川

僕が生まれたのは神奈川県。そばに厚木基地があるところだ。生まれて2年後、20代の父と母、そして生まれて間もない妹とともに、縁故のない栃木県はど田舎に移った。大袈裟だけど、「北の国から」の吾郎たちが引っ越した掘建て小屋を今でも直視出来ない。…

J:情熱

これまで情熱をもって取り組んで来たことってほとんどなかった。寂しい話である。先日、仕事でまちの駅のイベントの取材に同行してきた。そのイベントで地元のアイドル・グループたちが歌う姿をみた。僕は彼女たち歌う姿以上に、追っかけの男性諸氏の振る舞…

I:いのちを預かること

GW後半の5日間、友人の猫を預かっていた。自分では猫が好きだから、預かるのは苦ではないだろうと思っていた。しかし今回預かってみて思ったのだが、僕は動物が好きではないことがよくわかった。うんちの処理やごはんをあげること等はまったく苦ではなか…

H:変態とクリエイティブ

ラジオ業界に限らず、モノをつくる人たちの間では、「変態じゃないといいモノはつくることはできない」という格言がある。つい先月も、東京へ異動になった前上司から「変態じゃなきゃいいモノはできないよねぇ」としみじみ言われた。 そもそも「変態」ってな…

G:Good Feelin' to Know

相性ってやつはなかなか侮れない。必要以上に気にすることもないのだろうけど、やっぱり相性のよしあしってあるんだなあと痛感する。そのひとつにタイミングである。 先日辞めた会社の総務部にいる女の子と食事をしてきた。そのきっかけだって、たまたま地元…

F:フィニッシュ

昨日の午後、なんとか特番の編集が終った。思えば、この企画の話をもらってから1年半、本格的な取材から半年以上が経った。その間、多くの関係者にあった。とても協力的で、その方々に励まされながら制作してきたような感じだ。そして、それ以上に自分にと…

E:エロスの涙

ぼくは女性好きと職場では思われている。今更否定する気はさらさらない。では何故そう思われているか?おそらく、50代であろうが20代であろうが、自分が単純に好きだ、気に入っていると思ったら、まず話かけているからだろう。職場に限らず、僕はどこで…

D:達磨図のような髭面

こちらでも再三書いているが、ただいま来週末放送予定の特番の編集をやっている。併せて、別番組の予算管理書類をもまとめたりしているので、もうてんてこ舞いである。そういう時はどうなるかというと、髭面になる。ふだん丸刈りなので、髭面になると極端な…

C:乳房の勾配

文字にして言われてみると、なるほど、そういうことか、というのがある。「乳房の勾配」というのはその最たるものだ。しかし、このタイトルを曲にしたキリンジの堀込兄はスゴい。爽やかなエロスというには、あけすけなところがまた魅力でもある。「カラダだ…

B:ブス?美人?、そして…

美醜の判断は主観が多分にあるのでムズカシイ。カントはそこを「共通感覚:common sense」というマジック・ワードで切り抜けようとした。この言葉の背景には、人の感情というのは、決してその人独自に表出されるのではない。むしろ、社会性、血縁などの共同…

A:ありがとう

「ありがとう」は、感情の素直な表現だとばかり思っていた。けれども、よくよく考えてみると、韜晦した感情やねじくれた思いなどから出る「ありがとう」もあるなあ、と思う。一番「ありがとう」を言いにくいのは親に対してである。何故だろう、と考えてみた…