SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

輝く!積読状態の書籍アワード2017(下)

建造物は人間の英知が凝縮されている

 仕事柄、建造物に対する興味・関心は常に持ち続けています。ですので、どうしても書籍もその手のものに目がいって、財布と相談しながら気になった書籍は購入するようにしてます(『登録有形文化財』は制度はもちろんですが、明治期以降の建造物を「文化財」の名のもとに価値を担保しているカタログとして関心を寄せています)。そんな中、選んだ書籍は・・・

のこぎり屋根紀行

のこぎり屋根紀行

どれにしようか正直迷ったのですが、僕が住むところの隣県である群馬県の文化に特化した切り口で数多くの良書を出版している上毛新聞社に敬意と羨望と嫉妬をこめつつ選ばせていただきました。のこぎり屋根は採光のためにあの独特の屋根になった建物ですが、著者は全国に残るのこぎり屋根とその背後にある歴史を逍遥しています。書籍に使っている紙の厚みが独特なので、一度手にしたら忘れられない一冊となりそうです。
 

今年も図録を書いましたよ

 今年も展覧会にはポツリポツリと見にいったのですが、どうしても図録目当てに訪れてはただ購入するのみ、というのが数多くありました。そんな中、個人的に一番気に入っているのは、『涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展』でした。
 ずしりとした重みのあるこの図録は、現時点での吉増剛造のこころとかたちを具現化しているといっても過言ではありません。本図録に寄せている論考の充実ぶりもさることながら、本人の作品と吉増が影響を受けてきた人たちの作品も併せて紹介されているところに、本図録が吉増剛造という詩人のポートレートにもなっていると思います。2018年4月27日から沖縄県立博物館・美術館で、8月11日からは東京都渋谷区立松濤美術館でも巡回します。ぜひ本図録を手にしてみてください。
 

そんな訳で年間積読状態の書籍は・・・

俗語発掘記 消えたことば辞典 (講談社選書メチエ)

俗語発掘記 消えたことば辞典 (講談社選書メチエ)

本書籍は、読もう読もうと思って、年初に購入していたのに、結局1年近く本棚の肥やしにしてしまいました。「辞典」と銘しているので、どこから読んでも楽しいのでしょう、きっと。
 
 そんな訳で、毎年最後に選ぶ書籍が個人的にはいまひとつと思っているのですが、今年もいまひとつ感が否めません(書籍のすばらしさは言うに及ばずですよ)。今年も残りあとわずか。皆様、素敵な年の瀬をお過ごしください。本年もありがとうございました。

輝く!積読状態の書籍アワード2017(上)

 毎度のことながら、今年もあっという間に年の瀬となり、年末恒例の積読状態の書籍から振り返る時期が来てしまいました。
 2017年に購入した書籍は142冊。昨年より4冊多かったです(昨年より多く買っていた感じがしたんですけどね)。そのうち、積読状態の書籍は55冊。昨年よりも20冊以上少なく、約39%が買ったのに読んでないことになります。そう考えると、今年は昨年よりも買った本をちゃんと読んでいたんたなあと思ってもいます。
 さてその中から、今年購入した積読状態の書籍の中でどれがアツかったを各部門別にノミネート4〜5作品ずつ挙げて決めようかなと思います。
 

なんだかんだで、結局「人間」が好きなのかもしれない

 いっとき、「人間」にまつわる書籍に面白味を感じられなくなっていたのですが、今年は気づいたら人そのもの、あるいは文化人類学/精神史的なものを多く購入していました。少しはこころに余裕ができてきたということでしょうか。そんな中、選んでみたのは・・・

ボーリンゲン:過去を集める冒険 (高山宏セレクション“異貌の人文学”)

ボーリンゲン:過去を集める冒険 (高山宏セレクション“異貌の人文学”)

まさかこの書籍が翻訳されるとは夢にも思わなかったので選びました。この書籍への個人的思い出は、20年前までさかのぼります。当時『ユリイカ』の特集号で山口昌男高山宏氏の巻頭対談が掲載されていて、高山氏が本書が人と人がいつどこで出会ったしか書いてないと紹介していたのが強く印象に残っていました。あれから幾星霜、書籍の売り上げが年々減少している中、今こそ人と人との出会いの精神史の重要性を再確認する時なんだなあ、という思いを強く持った次第です。
 

一応、今年も小説も買ってみたんだけど

 今年も小説はあまり買わなかったし、読んでこなかったのですが、それでも「これは買わなきゃなあ」と思ったのはいくつかありました。そんな中、選んでみたのは・・・

昨年秋、ついに後藤明生の全集的シリーズが出版され、今年無事すべて刊行することができたのは、個人的にはかなりの「事件」でした。後藤明生が生きていた時代を知らない若い人たちが、後藤明生を「再発見」し、改めてその現代性を確認できたことは、とても喜ばしいことだと思ってます。個人的には、後藤明生の小説は20代の辛かった肉体労働時代に降り注いだ慈雨でしたので選ばせてもらいました。
 

「現実」という鏡を磨くこと

 先ほど、「人間」にまつわる書籍が・・・というお話をさせてもらいましたが、結局は「現実」に生きる人間たちを写した書籍は、ずーっと読み続けてきたんですね。その中で、心を揺さぶられたり、怒りを感じたりしながら、あれこれと抱いた思いを心に刻み続けてきたんだなあ、なんて思い直したりしました。そんな「現実」という鏡を見事に磨いていると(個人的に)感じられた書籍は・・・

捨てられないTシャツ (単行本)

捨てられないTシャツ (単行本)

昨年同様、また都築氏の書籍を選ばせてもらいました(好きだから仕方がない)。いっとき、ポール・オースターがラジオ番組のために市井に生きる人々が織りなす物語を集めた『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』と題した書籍が話題となりました。都築氏のそれは、その書籍と似て非なるものです。Tシャツはモノなので具体的です。そこに、汚れてヨレヨレになりながらも、着ていた人たちの「物語」が染み込んでいます。そこを軽やかに編集しているのが、いかにも都築氏らしいな、と未だ読んでいない本書を手にとりながら思っております。(続く)

転換期だった2017年

 早いもので、2017年も残すところあと2日。振り返ってみると、秋以降、個人的に転換期に来たなあと思うことが多々ありました。中でも、3年近く(月1でしたが)出演させていただいた地元ラジオ局の音楽番組が年末をもって終了となったことが、個人的には最大の出来事でした。
 終了については、不幸な(だけど、ある意味必然的な)出来事が重なったためだったのですが、僕にとってポピュラーミュージックを真正面から見つめ直すよいきっかけになりました。もちろん、パーソナリティーをはじめ、一緒に出演した方々から多くのことを学ぶことができました。幸い、皆さんとは今後もお付き合いが続くことになりそうなので、音楽をさらに楽しんでいければと思ってます。
 そんな訳で、これまでの丸3年間で僕が紹介したテーマを備忘録&よき思い出的に残しておいておこうと思います。
 

2015年

《1月》Nicky Hopkins
《2月》受験時によく聴いていた曲たち
《3月》My Favourite Singer Songwriters
《4月》春なので個人的R&B入門
《5月》The Moveからみるpsychedelic rock
《6月》Happy Birthday! Jeff Beck
《7月》Graham Gouldman
《8月》お盆なのでお気に入りのdrummerたち
《9月》Lesley Gore
《10月》From Everly Brothers to Gram Parsons
《11月》George Harrison & His Friends
《12月》Happy Birthday! Dionne Warwick

月1ながら、レギュラーとして番組で30分、自分の好きな曲を選べてしゃべるという気負いがテーマから感じられます。第1回目にNicky Hopkinsをとりあげたのは、もっと彼の素晴らしさを知ってほしいと常日頃から思っていたから。あと確かこの年に亡くなったLesley GoreQuincy Jonesという偉大なプロデューサーの原点として彼女を知って欲しかったため。個人的には、パーソナリティーの方にEverlyの回の選曲を褒められたのがうれしかったです。

 

2016年

《1月①》Ronnie Lane at Faces
《1月②》Chris Montez at A&M era
《2月①》Farewell! Grenn Frey
《2月②》Raspberries
《3月①》Memorial Maurice White
《3月②》よく聴きゃ似てるこの2曲
《4月》Roy Wood
《5月》Gryn Johns
《6月》70's Pops
《7月》Chris Thomas in 1974
《8月》Summer Days
《9月》Ellie Greenwich
《10月》Groovy the Isley Brothers
《11月》All Things Must Pass & Layla
《12月》The Byrds & The Beatles

この年の1〜3月までは、僕のわがままで月2回やらせてもらえてました(今考えると、スゴイことです)。この時期にGrenn FreyとMaurice Whiteが亡くなったので、当初予定していたものと差し替えてとりあげました。プロデューサーに目をつけて紹介する(Gryn JonesとChris Thomas)というのは、僕自身の音楽体験を振り返っていたんだと思います。個人的には、Ellie Greenwichはもっと知ってほしい方です。

 

2017年

《1月》Humble Pie
《2月》Average White Band
《3月》喫茶ロックからラウンジ・ミュージックへ
《4月》My Favourite Guitarists
《5月》Look Back at British Beat Groups
《6月》Rainy Seasons
《7月》Happy Birthday! Harry Hosono
《8月》TARO Sonic 2017
《9月》Mellow the Isley Brothers
《10月》Valerie Carter & Lowell George
《11月》George Harrison at Psychedelic era
《12月》50's R&B Chorus Groups

3年目は、一緒に出演していたIさんがとりあげるテーマをお互い事前に報告しながら、相互的に影響し合うように考えてました。テーマ自体は平凡ですが、とりあげた曲は僕なりにパーソナリティーの方やIさんを意識しながらの、いわば試験解答のような気がしてます。

 
 最近、ピーター・バラカン氏の『ラジオのこちら側で』(岩波新書)を読み返し、バラカン氏がラジオに出演した当初、選曲さえやらせてもらえなかったというエピソードが書かれていました。僕は選曲もおしゃべりもさせてもらえたのは、決して当たり前のことではなかったんだな、と背中がひやりとしたと同時に、パーソナリティーとディレクターの方のおかげだという思いを新たにしました。そしてラジオ、ことに音楽をメインにやる番組は、スポンサーがなかなかつかず、どの局でも厳しい状況におかれている中、やっぱり夢のような時間だったけど、修行の場でもあったなと改めて思った次第です。
 
 番組は終わってしまいましたが、僕の音楽人生はまだまだ続きそうです。

一地方で書籍をつくること

 ご無沙汰しております。お元気ですか?12月になりました。早いものです。これから、忘年会やらクリスマスやら、大掃除に正月の準備で忙しく突っ走っていくと思うと、12月もあっという間に過ぎそうですよね。
 
 そんな訳で、この時期になると、いろいろと振り返りたくなる衝動に駆られます。「振り返りたくなる」と書きましたが、厳密に言えば、今やっている仕事について文字(客観)化したい、ということです。
 ところで、いきなりですが、地方で書籍をつくるとは一体どういうことなのでしょうか?私は書籍の編集を主に生業としているので、ここ1年ずっとこのことが頭の片隅に居続けていました。なぜか?基本的に、地方で書籍出版のみで営業するのはかなり厳しいのが現状です。僕が在籍しているところでは、書籍の売り上げは会社全体の1割です。この割合は、年間の出版数が20冊にも満たないという現状を考慮しないといけない割合です。
 とはいえ、販路がどうしてもその出版社のある地域がメインとならざるを得ないことを考えると、限られた読者数の中、いかに書籍を手にしていただくかは死活問題です。じゃあ、販路を拡大すればいいだけじゃないの?とご指摘されそうですが、体力があまりない出版社では、販路を拡大するだけの資金を準備したくても簡単にできないという現実もあります。さらにいえば、人員不足と高齢化問題という点も挙げられます。一地方で書籍を出版するという商売は、決して儲かりません。
 
 では、このまま指をただくわえたまま、黙ってこの斜陽ともいえる一地方での出版活動を見守っていくのか?答えは「ノー」です。1冊の書籍をつくるのに、複数の他の出版以外の仕事をしなくては予算が確保できません。そんな中で、情熱の炎を絶やすことなく、灯し続けなければならないためには、ぼく自身が日々の勉強を怠らずに続けるしかありません。その中で、僕自身が「楽しい」「面白い」など、いまいる地域の文化を「編集」し、面白くてなんだかワクワクするという気持ちを持ってもらえるものを皆さんにお渡しすることが、一地方で書籍をつくることの意義だと思う訳です。そのためには、常に謙虚に学んでいくしかないなあと痛感してます。
 
 この1年いろいろと考えては立ち止まり、また少しずつ歩いては立ち止まるの連続でした(今もそうです)。その中で、多くの方々と出会ってお話し、さまざまな書籍との対話から学んでいくしかない。そういう覚悟がいままではあまりできていなかったのですが、今年はそんな覚悟ができてきたと思えたように感じてます。
 
 ・・・こんなことを書くと、もう2017年が終わっちゃうような感じがしますね。まだあと31日あります。世間では働き盛りと言われる年齢になったのですが、揚げ物が食べたいと思えなくなったことで「老い」の芽生えを自覚しました。そんな訳で、今年も年末あたりに、積読状態書籍アワードを開催します。

ご無沙汰してます

 皆さんどうもご無沙汰しております。今年の梅雨は、なんだか梅雨らしくない、どっちつかずの天候が続いてますよね。このブログは、だれもいないオフィスから書いてます。誰もいないので、先ほどまでiPadに入っているDeep Purpleの“Highway Star”(Live ver.)をBoseのワイヤレススピーカーから爆音でかけながら、校正チェックをしてました。2週間休みらしい休みはとっていないのですが、仕事の合間にちょっとドライブっていう感じで少し離れた書店で本を買うのが唯一の楽しみです。あ、この前は給料日前なのに、2,380円のサーロインステーキを食べてしまいました。
 
 そんな訳で、今月はいつもより多めにブログを更新したいなと思ってます。仕事の合間になってしまいますが、そろそろいったん立ち止まって考えたいなと思ってもいるので。

尾道漫遊記(3)

f:id:sim_saba:20170405085043j:plain
文学記念室下の帆雨亭の桜。ところどころ花びらが開いていた

続きを読む

尾道漫遊記(2)

f:id:sim_saba:20170405085901j:plain
     文学記念室近くの坂から尾道水道をのぞむ

続きを読む

尾道漫遊記(1)

岡山へ

 4月4日から6日にかけて、岡山・尾道・高松へ旅に出た。今年に入り、ずっと俗事に揉まれ続け、心も身体もすり減っていたので、ここいらでリセットしたかったためだ。
f:id:sim_saba:20170404085806j:plain
 
 初日、快晴。朝7時の新幹線で宇都宮を出立。8時過ぎにはすでに東海道新幹線の車中にいた。最近、岩波現代文庫で再販された瀬戸内寂聴の『諧調は偽りなり』が面白く、すぐに1冊読了。景色をあまり堪能はしなかったものの、雪をまとった富士山が綺麗だったので思わず撮影。11時半にはもう岡山に着いていた。
f:id:sim_saba:20170404113342j:plain
  岡山駅前の桃太郎たちの像には必ずハトがとまっている。
  てっきり、ハトも桃太郎のお供かと思った
 
 
 岡山へ着いて、路面電車で中心街へ。旅先で書店を訪れるのが好きなので、紀伊国屋書店へ行く。その後、お昼を食べようと歩くも、なかなか決められず。その後、下着を買おうとユニクロがある駅前のイオンへ。そして隣接する高島屋でかつおのたたきを食べる。地場のものをまた食べ損なった。そして、定宿のある倉敷へ移動。
 
 約3年ぶりの倉敷は、特になにも変わっていなかった。駅近くのコンビニへ入れば、派手な化粧をした女性たちがいたし、ヤンキーっぽいお兄ちゃんもいた。なにも変わっていない。久しぶりに来た感じがあまりしなかった。脳内には、Procol Harumの”She Wandered Through the Garden Fence”が流れていた。
 宿へ向かう前に、駅前の天満屋の地下でお土産を購入。そして15時にチェックイン。早々に大浴場へ向かう。誰もいない大浴場は贅沢だ。このために、わざわざ遠くまで来たと思うと嬉しくなった。
 風呂を出で部屋に戻った後、仕事の後処理が実はまだ残っていたので早々に片付ける。机に置いてあったマッサージの案内を見て、せっかくだからとやってみようと予約を入れる(実は初めてなのだ)。17時過ぎ、頭皮と顔面のマッサージを受けた。あれこれ話をしながらあっという間に時間が経ってしまった。気持ちが良かった。その後、部屋にもどって読書。明日は尾道だ。(続)

明けました

f:id:sim_saba:20170101070121j:plain

おめでとうございます。写真は毎年の恒例となりました、寓居から南東方向に拝した初日の出。遠く筑波山へと続く稜線がオレンジと青のグラデーションできれいに描かれているようです。今年も晴天で何よりです。
 
 さてさて、平成29(2017)年がはじまりました。昨年、ここで4つの目標を掲げました。けれども、昨年もあまり達成できたという実感がありませんでした。そういう訳で、今年も懲りずに目標を掲げます。

  • 適度な運動(ウオーキングなど)
  • 今までチャレンジしなかったことにあえて飛び込む
  • 小樽へ行く
  • 仕事とまったく関係のないことをする

 昨年と変わっていないものもあれば、あれ、ちょっと違うんじゃね?というものもあります。個人的には、5月に小樽へ電車で(ここ重要)行きたいと思っています(昨年は仕事の都合で行けなかったのです)。
 そして、今の生活がどうしても仕事中心で回っています。これはゆくゆくは、僕という人間の幅を拡張できずにいる恐れがあります。なので、なるべく僕という人間の可動域を広げるため、仕事中心のライフスタイルから少し遠ざかってみようと思ってます。
 そんな訳で、細かいところはまだまだたくさん「あれやりたい」「これやりたい」がありますが、まあそれは意識していればいいなと思ってます。
 本年も宜しくお願い申し上げます。

輝く!積読状態の書籍アワード2016(下)

サブカル?の底力

今年も内容はもちろんのこと、装丁や収録された写真のインパクトに圧倒された書籍に出会うことができました。ありがとうございます。いろいろあって迷ったのですが、そんな中選ばせていただいたのは・・・

東京右半分

東京右半分

大著です。ずっしりとした重さもさることながら、ページをめくると、文字とイメージの荒海に一気に飲み込まれます。僕は泳ぎきる体力に自信がないので、積読状態にしております。昨今の日本の不気味な右傾化の中、本書が語る「右傾化」(23区東部)のディープでアーシーな雰囲気にむせかえること請け合いです。ちなみに、著者の『圏外編集者』(朝日出版社)を僕は折に触れて読み返しては、自分に鞭打っております。
 

図録

今年は仕事柄、多くの図録を購入しました。限られた予算の中で制作された中、どれもこれもすばらしい図録の数々でした。いろいろあって迷った中で選ばせていただいのは・・・

2012年2月に開催された企画展の図録です。村山知義という人は「多彩」と一言では片付けられない人です。ベルリンでいちはやくダダや構成主義といった新興芸術を吸収し、日本の近代美術に大きな影響を与えましたし、演劇も小説も書く、日本共産党員でもあり、蔵原惟人とともに日本プロレタリア文化連盟(コップ)結成に尽力し、トランスジェンダーダンスパフォーマンスもするなど領域横断的な活動をしていた人です。かれの仕事の全貌をまとめたこの図録を4月に京都国立近代美術館へ行った際、ようやく購入できた思い出深い1冊。ですが、時間と体力がないと落ち着いて読めないので、これまた積読状態となってしまっている訳です。
 

しなやかだけど骨太な学術書たち

 今年もそこそこ学術書というものを購入しては積読状態にしてしまってました。もちろん、読みたいから購入していたのですが、目先のことに振り回されたり、自分に言い訳をしたりしているうちにこんなことに。そんなこんなで選んだのは・・・

九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学 (講談社選書メチエ)

九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学 (講談社選書メチエ)

近年、九鬼周造研究はかなり進んできた印象がありました。岩波文庫で九鬼の著作が出されもいます。そんな中、今年(2016)は九鬼周造没後75年ということもあってか、『現代思想』でも特集号が発行されたりと彼の業績が注目されています。京都大学日本哲学史を教えていた著者による本書は、九鬼周造研究の里程標になる予感があります。九鬼はロゴスとパトスのはざまにゆらめいた人だったので、ロゴスが凶暴になり、パトスが反乱を起こしている現代にふさわしい哲学者として見直されているのかもしれません。
 

そんな訳で年間アワードは?

 以上、6部門に分けてそれぞれ振り返ってみました。では、2016年積読状態の書籍の中で選ばれた1冊はこちらです。

まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」

まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」

いやあ、これなんですよ。実は積読状態ではあるのですが、すでに150ページほど読み進めているのです。ですが、全部で500ページ近くある本書の情報量がすごい。正直ついていけてません。日頃運動をしていないでフルマラソンを走るようなものです。ですが、面白い。宮台真司氏の膨大な知識量に裏打ちされた饒舌のみならず、建築界の大御所でもある蓑原敬氏のこれまた該博な知識と理路整然とした語り口で、難しいけれども惹きこまれてしまう1冊。ミネルヴァ書房はいい本を出してます。
 
 来年はどんな書籍に巡り会えるのか、今から楽しみなのです。とはいえ、節約をしていかなくてはならないので、来年は積読状態の解消がテーマになりそうです。が、やっぱりたくさん買ってしまうのでしょうね。仕方ないですが気をつけます。
 
 本年も拙ブログを読んでいただきありがとうございました。よい一年をお過ごしくださいませ。