読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIM's memo

Books, Foods, Rock 'n' Roll…and more!

Trip

尾道漫遊記(3)

文学記念室下の帆雨亭の桜。ところどころ花びらが開いていた

尾道漫遊記(2)

文学記念室近くの坂から尾道水道をのぞむ

尾道漫遊記(1)

岡山へ 4月4日から6日にかけて、岡山・尾道・高松へ旅に出た。今年に入り、ずっと俗事に揉まれ続け、心も身体もすり減っていたので、ここいらでリセットしたかったためだ。 初日、快晴。朝7時の新幹線で宇都宮を出立。8時過ぎにはすでに東海道新幹線の車中に…

巡礼&苦行余録(2)

車窓から眺める瀬戸内海 15時12分発の快速マリンライナー高松行に乗車。岡山駅から約30分余で瀬戸内海が眺められる。

巡礼&苦行余録(1)

後楽園入口付近売店のベンチから(岡山市) 今回の旅のメインは結果的には西讃岐を巡礼することになった。けれども、拠点とした倉敷や岡山市はどこも行かなかった訳ではない。

讃岐巡礼&苦行記(3)

訪れる人を圧倒する丸亀城の石垣 JR琴平駅から土讃線に乗り、次に向かうのは今回の旅のメインイヴェント丸亀城跡。

讃岐巡礼&苦行記(2)

金刀比羅宮本宮に到着すると、慌ただしく本宮にお参りし例のお守りを購入するべく札所へ向かう。ちょうど水も売っていたので迷わず両方を購入。札所の向かい側にはられたテントには塩飴が置いてある。僕は躊躇なくいただいて舐める。これが身体にしみこむよ…

讃岐巡礼&苦行記(1)

琴電琴平駅の駅舎 瀬戸内海地方の暑さは宇都宮と訳が違う。海から運ばれる湿度が肌にまとわりつき、やさしく包む訳ではない。むしろ日差しとともに、これでもかと「夏」を体感させてくれる。1年以上ぶりの瀬戸内海。

東瀬戸内海漫遊記(5)

3日目。2日目同様、春特有の霞がかった朝。朝食を摂り、7時半前にチェックアウト。JR高松駅から8時22分の快速で岡山経由で倉敷へ。10時前に倉敷へ到着。駅前の規模でいうと、JR川越駅と変わらないが、地方の中堅都市といった印象。駅から歩くこと1…

東瀬戸内海漫遊記(4)

15時前、さぬき市志度から高松市内へ戻る。途中、兵庫町のアーケード街を通る。午後の日差しがガラス張りのアーケードの屋根に反射してきらきた輝いていた。宇都宮のさびれた商店街と比較しながら、宇都宮市の来し方行く末を嘆きつつ早々にチェックイン。…

東瀬戸内海漫遊記(3)

昼に児島から高松経由で志度に向けて出発。香川県さぬき市志度。瀬戸内海に面した小さな町で、JRと琴電から下車しても海まで徒歩10分程で行ける。平日ということもあって、駅周辺でふらふら歩いているのはだれもいなかった。さっそく、目的地である平賀源…

東瀬戸内海漫遊記(2)

2日目。春特有の霞がかった青空。空気は冷たい。朝5時には目が覚めてしまった。6時半にホテルの朝食をとり、7時半前にはチェックアウト。姫路駅始発の岡山行に乗る。平日の朝ということもあって、やや混雑。姫路を出てまもなく、いきなりの冷房。車内は…

東瀬戸内海漫遊記(1)

旅に行きたいと思うときは、だいたい心身ともに追い込まれている時である。3月は結構バタバタしていた。そして緊張感をもって仕事をしていた。なので、ひと段落ついた4月上旬、思い切って旅にでることにした。場所は東瀬戸内海方面。手段は鈍行。丸一日を…